道路交通法改正に伴い、2022年10月からは従来よりも広範囲でアルコール検知器の義務化が始まろうとしています。
そこで、道路交通法改正にも適応可能な自動アルコール検知・検温・顔認証機能搭載の最新型デバイスを販売しております。
高精度の電気化学式センサーと顔認証システムで酒気帯び確認の徹底と安全意識の向上を支援いたします。

1. 道路交通法改正(アルコールチェック義務化)

道路交通法改正のポイント

具体的な時期としては、2022年4月と同年10月の2段階で施行されます。

2022年4月1日から【酒気帯びの有無の確認及び記録の保存】

  1. 運転前後の運転者に対し、当該運転者の状態を目視等で確認することにより、当該運転者の酒気帯びの有無を確認すること。
  2. 酒気帯びの有無の確認内容を記録し、当該記録を1年間保存すること。

※この時点では、アルコール検知器を使用する必要はありません。

2022年10月1日から【アルコール検知器の使用等】

  1. 酒気帯びの有無の確認を国家公安委員会が定めるアルコール検知器*1を用いて行うこと。
  2. アルコール検知器を常時有効に保持すること。

*1 呼気中のアルコールを検知し、その有無又はその濃度を警告音、警告灯、数値等により示す機能を有するものとされています。
※この時点から、アルコール検知器を使用する必要があります。

アルコールチェック義務化の対象

下記条件のいずれかに該当した事業所は、アルコールチェック義務化*2の対象となります。

  • 一事業所当たり、乗車定員が11人以上の白ナンバー車1台以上を保持する企業
  • 一事業所当たり、自動車を5台以上を保持する企業
    ※二輪車は、1台を0.5台と計算する(50cc以下の原動機付自転車を除く)

つまり、社用車や営業車を持つ企業も対象となる為、多くの企業に当てはまる内容となっています。

*2アルコールチェックの義務化は、安全運転管理者の業務に新たに義務付けられるため、「安全運転管理者の選任義務のある全ての事業者」が対象となると理解して相違ありません。

2. KAOIRO+の特徴

高精度&スピーディー

アルコール以外のガスに反応しにくく、高精度な測定が可能です。

検温・認証システム付き

マスクをつけたまま、顔を近づけるだけで、簡単に検温・認証が可能です。

国家公安委員会 規定準拠

道路交通法改正にも適応しているKAOIROをベースとした最新型デバイスです。

不正を徹底的にゼロへ

顔認証の機能により、対象者の飲酒運転を見逃しません。

データ管理・保存

検知結果と顔写真は、デバイス内に簡単に記録・保存ができます。

工事不要で簡単設置

コンセントの抜き差しのみで、簡単に設置・撤去が可能です。

3. 納品までの流れ

【1】お問い合わせ
【2】お見積り作成
【3】注文~商品到着
【4】納品・設置

*まずは、お気軽にお問合せください。
*最後の設置・設定まで、弊社の担当者が伺い、行わせていただきますので、ご安心してお任せください。
*ご注文いただいてから納品までの期間は、運送状況によって異なります。
 状況によっては、遅延する場合もございますので、ご興味のある方は、お早めにお問合せください!!

4. お問い合わせ先

株式会社OPENER
〒372-0011
群馬県伊勢崎市三和町2742-3
セールス部門/神澤・茂木
TEL : 0270-23-0616(土日祝を除く9:00~18:00)
FAX:0270-21-3999
Mail : sales_cont@opener.co.jp